バックナンバー

※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。
一面 平成27年1月発行:第77号

「律」はDNA―仏教研究における最良の情報源

理系から転身、仏教を科学の視点からも

佐々木閑(花園大学教授)

少年期から科学少年でそのまま大学でも工業化学を専攻しましたが、入学後、自分が夢見ていた理想と現実のギャップに苦しみました。工学部卒業後に文学部に編入し論理学を学んでいましたが、どうも私は性に合わなくて、もっと人間臭いことがいいなぁと思い調べていたら「律研究」という分野に行き着いたのです。律はサンガ(僧団)の法律です。僧団がどう変化したとしても必ず一本の律が存在します。例えるなら生命におけるDNA。律の変遷を調べれば僧団の、あるいは仏教という組織全体の変化が分かります。

一面を飾った方々。※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。

Contents