バックナンバー

※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。
一面 平成25年7月発行:第68号

日本文化は四季に輝く色彩豊かなもの

和歌の世界は「自我」と対極の位置

冷泉貴実子(冷泉家時雨亭文庫事務局長)

苦しいことがあったとしても、何とか美しい言の葉に乗せて美的な世界を作ろうとするのが和歌の世界です。和歌はあからさまに表現して良しとする世界ではない。お茶の世界でも、お茶室に入った人全員が一つの同じ季節を楽しむんです。蹴鞠は相手が受けやすいように蹴るのが大切で、相手がミスしないように、みんなが一体になれるかが大事なんです。だから日本は「和」の国だといわれるんです。

一面を飾った方々。※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。

Contents