バックナンバー

※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。
一面 令和3年7月発行:第116号

台湾留学が宗教音楽の黎明期と巡り合わせ歌手に

教壇に立ちながら異文化交流を多彩に表現

伊藤佳代(台湾・国立中山大学西湾学院助理教授)

留学先の台湾でご縁が繋がり、これまでに仏教音楽のアルバムを12枚出しています。日本にいた頃は宗教に対してあまり良い印象を持っていませんでしたが、台湾の人々が信仰する姿に触れるうちに段々と宗教に対するイメージが変わっていきました。現在は、台湾の大学で台日文化の比較や、現代日本社会と宗教等について教えています。日本のことを好きな学生は多いですが、日本文化を深く理解するうえでは、アニメや音楽だけではなく、宗教的な側面も知っておく必要があると思います。渡航が可能になったら、学生を日本各地に連れて行って色々な経験をさせてあげたいですし、今後さらに台日交流の架け橋となれるように頑張っていきます。

一面を飾った方々。※敬称略、肩書きは掲載当時のものです。

Contents